[PR]

 イスラム過激派ボコ・ハラムがナイジェリア北東部の街を襲撃し、住民ら少なくとも60人を殺害した。国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが1日、明らかにした。

 ボコ・ハラムは1月28日朝、同国北東部の街ランを襲撃。家屋に放火したり、住民を殺害したりしたという。地元のナイジェリア軍兵士は、ボコ・ハラムの襲撃に対応せず、逃避していたとの報道もある。周辺では同様の被害が相次いでおり、隣国のカメルーン国境には最近になって約3万人が避難しているという。

 過激派の制圧と治安の改善を目指してきたブハリ大統領は、今月16日に実施される大統領選での再選を目指している。だが、ボコ・ハラムは北東部で散発的に攻撃を繰り返しているほか、ブハリ氏が体調を崩して国外に滞在することもあり、続投は難しいとの声もある。(ヨハネスブルク=石原孝