[PR]

 小笠原諸島の母島(東京都小笠原村)沖で停船命令に従わず逃げたとして、横浜海上保安部は2日、中国漁船(乗組員11人)の船長陳文挺容疑者(40)を漁業主権法違反(立ち入り検査忌避)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。船の形状からサンゴの密漁の可能性があるとみている。

 横浜海保によると、陳容疑者の漁船は2日午前8時半ごろ、母島の東南東約298キロの日本の排他的経済水域内で、海保の巡視船が停船命令を出したのに無視して逃げた疑いがある。海上保安官が約2時間後、巡視船から乗り移って停船させたという。