[PR]

 節分の日の3日、東近江市北菩提寺町の押立神社で伝統の「ドケ踊り」が披露された。

 神社によると、「ドケ踊り」は五穀豊穣(ごこくほうじょう)や無病息災を祈り、本来は60年に1度の大祭「古式祭」で披露される踊り。しかし継承が難しいため、2006年から氏子らによる保存会が節分祭で一部を披露している。

 始まりは978年。押立山から下りてきた神様をもてなしたのが起源とされ、「ドケ」は「神様のお渡りだ、どけよどけよ」などが由来と伝えられている。

 この日は赤い陣羽織に鬼や般若…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら