留学生が七福神姿で豆まき 博多・東長寺

貞松慎二郎
【動画】東長寺の節分大祭には、アジアからの留学生が七福神や鬼に扮して登場した=小宮路勝撮影
[PR]

 節分の3日、各地で福を招く恒例行事があった。

 福岡市博多区の東長寺では節分大祭があり、同市内の九州英数学舘で日本語などを学ぶアジアからの留学生10人が七福神やお多福、鬼に扮して登場。「鬼はー外! 福はー内!」の掛け声と共に豆をまいた。

 国際交流の一環で1996年から留学生が参加している。東長寺節分祭世話人会代表の山内是一(よしかず)さん(69)は「名物になった。日本の文化を知る機会として留学生にも好評」と言う。青鬼の姿で子どもたちと触れ合ったネパール出身のバニヤ・ウジワルさん(24)は「とても楽しい」と声を弾ませた。貞松慎二郎