[PR]

立憲民主党・逢坂誠二政調会長(発言録)

 (厚生労働省の「毎月勤労統計」の不正調査問題をめぐり)自民党の岸田文雄政調会長は先ほど、根本匠厚生労働相に関して、全容解明してから処分や政治責任を問うべきだと話した。正論だ。一方で厚労省職員に対しては全容解明する前に処分を発表したり、更迭したりしている。これは矛盾しているのでないか。厚労省職員に対しても、全容解明してから(処分や更迭を)するべきだ。(3日、NHK討論番組で)