[PR]

 第68回別府大分毎日マラソンは3日、大分市高崎山・うみたまご前をスタートし、大分市営陸上競技場にフィニッシュするコースであり、一般参加の二岡康平(中電工)が2時間9分15秒で日本人最高の4位に入った。2時間9分29秒で5位の橋本崚(GMO)、2時間9分30秒で6位の岩田勇治(MHPS)の3人が9月に行われる東京五輪代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を新たに得た。

 優勝はヒシャム・ラクーアヒ(モロッコ)で2時間8分35秒。