[PR]

 街を歩いていると小腹がすいてきた。何か面白いお店がないかなと歩くと、「1964年東京オリンピックに由来するカレー」が食べられるレストランがあるとか。石川県加賀市片山津温泉のレストラン「PINE DINER(パインダイナー)」に向かった。

 加賀片山津温泉総湯から車で数分。洒落(しゃれ)たインテリアが印象的な店で、オーナーの横山修さん(55)が出迎えてくれた。東京のレストランで修業し、29歳の時に片山津でパインダイナーを始めた。ステーキやオムライスなど本格的な洋食が楽しめ、メニューの一つに父の保さん(83)直伝のカレーライス「1964CURRY」がある。

 「父が東京五輪の選手食堂で振る舞ったカレーのレシピを受け継ぎました」と修さん。県外からも客が目当てにやって来るという看板メニューだ。カレーは大好物の記者。すぐに注文した。牛肉がやわらかく、辛口でも甘口でもないマイルドな味でおいしい。独自のスパイスを使い、仕上げにフルーツとひとつかみの塩を加えるのだとか。「世界中のアスリートのため塩分を強くするなど、考え抜かれたレシピです」という。

 カレーを食べていると、保さん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら