[PR]

 男社会の競馬界。中央競馬では藤田菜七子騎手の最高峰・GⅠレース初騎乗の決定が話題だが、所属騎手も調教師も男性ばかりの笠松競馬(岐阜県笠松町)で、20代の女性厩務(きゅうむ)員が奮闘中だ。ハローワークの求人情報を見たのがきっかけだった。

 1月の競馬開催日。岩井美宙(みゆ)さん(24)は、4歳牝馬(ひんば)を引いてパドックを周回していた。興奮して暴れることもある馬で、後藤正義調教師(39)に手伝ってもらい、2人で観客の前を先導した。

 レースでは、最後の直線で先頭に立ち初勝利を挙げた。「よかった。よかった」と引き揚げてきたベテラン騎手(49)を笑顔で出迎えた。前走は2着。競馬新聞の評価は高かったが、トレーニングの動きはいま一つに見えたという。

 「勝てるとは思っていなかった。めっちゃうれしい。馬に力をあげられた気がします」

 岐阜県八百津町出身。県内の高校で畜産、名古屋市の専門学校で動物の飼育を学んだ。静岡県内の動物園に就職し、2年ほどアライグマやサイなどの飼育に携わって地元に戻った。

 厩務員の仕事に出合ったのは昨年春。アルバイトを掛け持ちしながら、スマートフォンでハローワークのサイトにアクセスして「動物」と入力して求人を検索すると、笠松競馬が引っかかった。乗馬の経験もあり、興味を深めた。

 だが、厩舎へ面接に行くと、求人を出した調教師はスーツ姿の若い女性に戸惑っているように見えた。

 厩務員は危険を伴う厳しい仕事…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら