[PR]

 全国162の国公立大学の6割で、2月下旬~3月上旬にある入試の2次試験の際に、周辺のホテルなどの宿泊料金が前週より1割以上高くなっていることがわかった。電気通信大(東京都調布市)周辺では、ホテル4軒が入試前夜に予約で満室となり、残る1軒でも周辺の平均価格の5倍以上に高騰しているという。

 宿泊検索サイトを運営するベンチャー「ウィズトラベル」(https://withtravel.net/別ウインドウで開きます)の調査でわかった。

 ホテルや旅館の多くは、旅行シーズンや予約状況に合わせて宿泊料金を変動させている。ウィズトラベルは大手旅行サイトなど9社と提携し、全国6万軒のホテルや旅館、民泊の宿泊情報を収集。1月19~28日の予約状況を元に、各大学の2次試験前夜のホテルや旅館約6700軒分の宿泊料金を調べた。

 すると、162大学のうち125大学で、周辺の宿泊料金が前週の平均より1割以上増えていた。電気通信大周辺が最も高く5・4倍に。東北大で3・8倍、宮城教育大で3・5倍、弘前大で2・8倍、東京外国語大で2・7倍など9大学で2倍以上になっていた。

 一方、前週に別のイベントなどがあり、宿泊予約が殺到した九州大や名桜大(沖縄県)周辺では3~4割安くなっていた。

 春山佳久社長は「宿泊客が集まる日は値段が高くなりがちなので早めの予約が必要だ。継続的に高くなる場合は、今すぐ予約することをお勧めするが、逆に安くなる場合もある」と話す。宿泊料の変動を予測する人工知能(AI)を開発し、安く予約できるタイミングを通知するサービスを計画しているという。(杉本崇)

大学入試の2次試験前日の宿泊料金上昇率を調べました。1位の大学の上昇率はなんと542%。会員登録は無料です。ぜひご覧下さい。

■大学入試の2次試験前日の宿泊…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら