[PR]

 第45回東海アンサンブルコンテスト(東海吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)は10日、長野県松本市の市音楽文化ホールで高校と職場・一般の両部門があり、愛知、岐阜、三重、静岡、長野の5県から計51団体が出場した。

 金賞受賞団体のうち、愛知県の光ケ丘女子(管弦八重奏)、長野県の小諸(金管八重奏)の2高校と、静岡県のヤマハ吹奏楽団(金管五重奏)、三重県の白子ウインドシンフォニカ(金管八重奏)の計4団体が東海代表に選ばれ、3月21日に札幌市の札幌コンサートホールKitaraである全国大会に出場する。

 成績は次の通り(◎は全国大会出場)。

 【高校】

 ◆金賞

 ◎小諸(金8・長野)、浜松聖…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら