[PR]

 北朝鮮のウェブサイト「わが民族同士」は、今月末にも開かれる予定の2回目の米朝首脳会談に関する4日付の論評で、「米国が核廃棄だけを強要し、不当な制裁圧力に頼り続ければ、朝鮮半島の平和と安定を得るための新たな道を模索せざるを得なくなる」と改めて警告した。

 論評は「我々はこれ以上、核兵器を生産、試験、使用、拡散しないと宣言し、様々な実践措置を取った」と主張し、「米国が我々の努力を尊重し、相応の実践行動をとることで問題解決の意思を示すべきだ」と迫った。新たな核廃棄措置への言及はなかった。

 また、4日付の別の論評では、…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら