[PR]

 もうすぐバレンタインデー。愛犬家にとっては注意が必要な時期だ。ペット保険会社のまとめでは、2月はイヌが誤ってチョコレートを食べて中毒を起こし、動物病院で治療を受ける件数が年間で最も多い。多くは飼い主の不注意が原因とみられ、環境省や専門家らは注意を呼びかけている。

 イヌがチョコレートを食べると、下痢や嘔吐(おうと)、けいれんを起こすことがある。専門家によると、原因はカカオの苦み成分「テオブロミン」で、犬はこの物質を分解する酵素が弱く、長く体内にとどまることから中毒症状が出やすい。ひどい場合には昏睡(こんすい)状態や死に至ることもあるという。

 ペット保険大手のアニコム損害…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら