[PR]

 中国で春節(旧正月)休みが4日始まった。中国の景気減速を背景に、かつて「爆買い」とも呼ばれた訪日客の消費には陰りが見え、小売業界は知恵を絞る。

 大阪・ミナミの心斎橋筋商店街は4日夜、訪日客らでごった返した。春節を祝う「福」と書かれた飾りを店先に置くドラッグストアもある。

 中国メディアが伝えた中国のオンライン旅行大手、携程旅行網(シートリップ)の予測によると、4日から10日までの春節休みの期間中、前年より50万人(7・7%)多い延べ約700万人の中国人が国外に出る。この休みで最も人気のある渡航先はタイで、日本は2位という。今年1月には中国人への訪日ビザの発給要件が緩和された。

 一方で、対米摩擦の影響もあって中国では景気が減速しており、訪日消費にも影を落とす。日本の大手百貨店の1月の免税品売上高は前年同月を軒並み下回った。昨年末から、訪日中国人が中国に持ち帰れる買い物の上限が厳格に運用されるようになったことも響いたようだ。

 逆風をはね返そうと、そごう・西武はSNSに力を入れる。

 中国の人気女性モデルを1月末に招き、衣料品や化粧品の限定品などを動画で紹介してもらったところ、延べ158万人が見た。これに先立ち、日本製の化粧品やお酒を紹介する春節特設サイトも設けた。「中国からの訪日客はSNSなどで旅行前に情報を集める」とみて、事前の情報発信に力を入れた。

 小田急百貨店の新宿店は4日、…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら