[PR]

 インターネットの交流サイトで知り合った女子中学生に性的暴行を加えたとして、警視庁は4日、東京都豊島区広報課長(56)=東京都練馬区=を強制性交の疑いで逮捕し、発表した。「18歳ぐらいの女性と性交したと思うが、はっきり覚えていない」などと述べているという。

 少年育成課によると、広報課長は昨年10月23日夜、中学1年生の少女(13)を乗用車に乗せて都内の駐車場に連れ込み、性的暴行を加えた疑いがある。学生限定の「ひま部」というチャット型交流サイトに男子高校生を装って登録して少女と知り合い、少女はサイトなどを通じて広報課長に悩みを相談。住所や電話番号、学校名なども伝えていた。広報課長はやりとりの途中で「一人暮らしの37歳」と名乗ったという。

 少女は事件当日、広報課長に電話で「会いたい」と言われ、「自分や家族に危害が加えられるかもしれないと思い拒否できなかった」と話しているという。少女が事件翌日、都内の警察署に通報して発覚した。

 豊島区によると、広報課長は1981年採用。勤務態度は良好だったという。高野之夫区長は「事実であるとすれば許されない行為であり、被害にあわれた方とご家族の皆様に深くおわび申し上げます。事実関係を確認し、厳正に対処してまいります」とのコメントを書面で出した。

    ◇

元広報課長は2月22日に都青少年健全育成条例違反(青少年に対する性交)の罪で略式起訴され、罰金50万円の略式命令を受けた。