[PR]

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された事件で、県警は4日、共犯として、母親の栗原なぎさ容疑者(31)を傷害容疑で逮捕し、発表した。勇一郎容疑者による暴行を黙認か同調した疑いがあるという。一方で「積極的な暴行への関与はない」としている。認否は明らかにしていない。

 なぎさ容疑者は、勇一郎容疑者から暴力を受けていたとの情報もあり、県警は当時の状況を慎重に調べている。

 勇一郎容疑者は1月24日午前10時ごろ~午後11時20分ごろ、自宅で心愛さんの首付近を両手でわしづかみにするなどして擦過傷を負わせたとして、25日に傷害容疑で逮捕された。

 県警によると、なぎさ容疑者は当時在宅しており、暴行がされていることを把握していたという。勇一郎容疑者を止めたり通報したりできたのに、そうしなかった疑いがある。

 心愛さんの遺体は24日午後1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら