[PR]

 栄養価の高さから「飲む点滴」と呼ばれる甘酒。健康志向を追い風に、年間を通じて支持を集めています。種類は増えていて、試飲できる酒店もあります。

 「甘酒」とひとくちに言っても、アルコールを含むものとノンアルコールの2種類がある。前者は、酒かすを使った昔ながらのタイプ。後者は、酒かすの代わりに米こうじを使った「アルコール1%未満」の清涼飲料水だ。どちらも、栄養成分を豊富に含むという。

 調査会社インテージによると、甘酒の市場規模は2017年が約223億円。5年間で4・6倍にふくらんだ。健康志向に加え、お酒の苦手な人でも飲める商品が増えたことが背景だ。

 甘酒コーナーを常設する大阪市のスーパー「ライフ セントラルスクエア西宮原店」では、寒さが本格化する12~2月が売り上げも多い。ただ、売り場担当の出口敬太さん(25)は「若い人も買うなど、年間を通じて売れている」という。

 近年は夏場の存在感も高まった。疲労回復の効果があるとされるため、猛暑による夏バテや熱中症の対策として注目。メーカー各社は、冷やして飲む甘酒など夏向けにも力を入れる。ある大手は「夏場と冬場の売上高が同程度になった」(担当者)というほどだ。

 種類も増えている。森永製菓は、りんごや桃、梅などの果汁を入れた「フレーバー甘酒」を販売。中埜(なかの)酒造(愛知県)もフルーツの果汁を加えるなどし、黄桜は抹茶入りの甘酒を売り出した。

 京都市南区の酒屋「浅野日本酒店 KYOTO」では、全国から「ご当地甘酒」を取り寄せている。経営者の浅野洋平さん(44)は「素材にこだわる本格的な甘酒への関心は高くなってきた」。1ボトル1千円前後と高めだが、売り上げは堅調。試飲できる「角打ち」スペースも設けた。(神山純一)

ぴりっと、夏は塩入りで

 大関の「大関 灘の甘酒」は自社の蔵元でつくった酒かすに、ショウガなどを加え、甘さのなかにも辛みをきかせた。1974年発売のロングセラーだが、夏向けに塩を加えた「冷涼甘酒」を出すなど、種類も増やしている。通常の甘酒が190g入りで115円。

つぶつぶ、異例ブレンド

 森永製菓の「甘酒」は、酒かすと米こうじをブレンドした異例の甘酒。アルコール1%未満で、酒のなかに残った米粒の食感が売りだ。地域特産の果物を使った商品開発にも力を入れていて、関東甲信越限定で「いちご甘酒」を売る。190g入りで115円。

しゅわしゅわ、国産抹茶

 黄桜の「抹茶あまざけSparkling」は、米と米こうじを発酵させて、国産の抹茶も加えた。アルコール分はゼロだが、微炭酸にしてすっきりとした飲み心地に仕立てた。お酒が苦手な20~30代を主なターゲットにしたという。140g入りで160円。

ひかえめ、糖質30%カット

 八海醸造(新潟県南魚沼市)の「麴(こうじ)だけでつくったすっきりあまさけ」は、米こうじと水だけで発酵させた。アルコール分はゼロ。従来品より糖質を30%カットしていて、健康を気遣う人にアピールする。飲みきりタイプの118g入りが190円。

     ◇

主要メーカーの人気商品から選びました。税抜き。

甘酒の売れ筋ランキング

①大関    大関 灘の甘酒    100円

②森永製菓  甘酒         100円

③中埜酒造  国盛酒蔵のあまざけ  398円

④篠崎    国菊あまざけ     658円

⑤大関    おいしい甘酒     498円

⑥ますやみそ ますやの甘酒     498円

⑦サンガリア こだわりの甘酒      89円

※ライフ(近畿圏)の昨年12月の売り上げランキング。販売価格は税抜きで、先月25日時点のもの(きりとりトレンド)