[PR]

 芸妓(げいこ)や舞妓(まいこ)に京都の歴史や文化について見聞を広めてもらおうと、5日に恒例の「芸舞妓研修会」があった。京都市内にある五花街から、芸舞妓や舞妓見習いの「仕込み」ら約110人が参加。浄土真宗本願寺派の本山・西本願寺(京都市下京区)を拝観し、扇子の絵付け体験もした。

 研修会は、芸舞妓の出身地が全国に広がっていることを受け、京都伝統伎芸(ぎげい)振興財団(通称・おおきに財団)が企画。2007年から知識やマナーの向上を目指して毎年開いている。

 午前10時、一行はバス3台で西本願寺に赴いた。国宝の御影堂や書院を見て回り、203畳敷きの大広間「鴻の間」で法話に耳を傾けた。

 午後は市内のホテルに移り、1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら