[PR]

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件で、母親のなぎさ容疑者(31)が「(心愛さんの)あざを隠すため、外出させなかった」などと供述していることが5日、捜査関係者への取材でわかった。県警は父親の勇一郎容疑者(41)の暴行を黙認し、幇助(ほうじょ)する役割を果たしたとみている。

 2人の逮捕容疑は、共謀して1月24日午前から深夜の間、自宅で心愛さんの髪を引っ張り、冷水のシャワーをかけ、首付近を両手でわしづかみするなどして首付近に擦過傷を負わせたというもの。捜査関係者によると、なぎさ容疑者は事実関係を認め、「仕方なかった」などと供述。勇一郎容疑者の暴力でできたあざを隠すために、心愛さんを外出させないことがよくあったと話し、「事件が起きた日も外出しないように厳しく言った。夫の指示ではない」という趣旨の説明をしているという。