[PR]

患者を生きる・食べる「1型糖尿病」(3)

 1型糖尿病と診断された仙台市の料理研究家・相田幸二さん(43)は、日常生活での血糖のコントロールを試行錯誤した。

 東北大病院の主治医・児玉慎二郎さん(39)や同病院の栄養士は、大体の糖質量を見積もり、自分で注射するインスリン量を決める方法を教えてくれた。10グラムの糖質で血糖値が50上がるというのが大まかな目安だ。

 糖質を一定量とった方が血糖値…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら