[PR]

 政情不安が続く南米ベネズエラには、「2人の大統領」がいます。マドゥロ氏(56)と、暫定大統領を宣言した反マドゥロ派のグアイド国会議長(35)です。ニュースによく登場する2人ですが、どういう人物なのでしょうか。ベネズエラ情勢に詳しいジェトロ・アジア経済研究所の坂口安紀さん(ベネズエラ地域研究)に聞いた。

――マドゥロ氏は、どういう人物なのでしょうか?

 実は彼の出自については大統領就任時から現地で議論になっています。というのも、マドゥロ氏にはコロンビア国籍があるという説が根強いからです。ベネズエラ憲法では、大統領に選出される条件として「ベネズエラ人であること」と「他国の国籍を持っていないこと」を定めています。マドゥロ氏がコロンビア国籍を持つ二重国籍者であるとすれば、彼は憲法の規定上、大統領になることができません。母親がコロンビア人であることは確かで、コロンビア憲法の規定によるとマドゥロ氏がコロンビア国籍をもつ可能性は高いです。マドゥロ氏の出生証明書を見ればその是否を簡単に証明できるはずですが、政府は証明書など一切の提出を拒んでいます。

 国民的英雄であるチャベス前大統領は、幼い頃に祖母を手伝った話など、幼少期以降のエピソードが豊富です。でもマドゥロ氏の物語は、バス運転手の話から始まる。幼少時代についてはエピソードもなく、写真も公開していません。そのことがマドゥロ氏への疑念を増幅させ、野党は「マドゥロ氏に大統領の資格はない」と主張していました。だけど、マドゥロ氏を支える「チャベス派」が支配する選挙管理委員会は、マドゥロ氏の国籍に問題ないという見解を示しています。

――そうなると、マドゥロ氏の経歴で確かなのは何になりますか?

 時期ははっきりしませんが、先ほどお話ししたバス運転手です。バス運転手の労働組合のリーダーになり、チャベス氏が政権をとると同時に政界に転じました。

チャベス氏のカリスマを利用

――キューバにも行っていますよね?

 これも同じく時期がはっきりしませんが、10代後半から20代前半にかけて1年間、思想教育を受けに行っていたといわれています。キューバが共産主義をラテンアメリカに広めるためにラテンアメリカ各国の若者をキューバに招くプログラムがあり、マドゥロ氏はそれに参加していたようです。チャベス氏同様、マドゥロ氏もキューバとの関係が深いことが、軍や情報部門、治安維持組織にキューバの支援と影響を強く受けるようになった背景にあると考えられます。

――マドゥロ氏はチャベス氏の腹心だったのでしょうか。

 2012年、チャベス氏がマドゥロ氏を副大統領に起用しました。チャベス氏は貧困層向けの無料の医療サービスや教育、住宅政策などを推し進めた、貧困層の英雄です。強烈な個性とポピュリスト的言動で人心を掌握したチャベス氏と違い、マドゥロ氏にはカリスマ性がありません。それを自覚していたのか、マドゥロ氏は自身の権力を固めるため、盛んにチャベス氏の威光を使いました。

 「私はチャベスだ」と述べたり、チャベス氏の話し方に似せたり。チャベス氏の真似をして演説の途中で歌を歌ったり。たけどここ2、3年は、自身の政治基盤を固めたい思惑があるのか、チャベス氏の遺族との関係悪化からか、チャベス氏の名前ではなく自身の名前を前面に出すようになりました。チャベス氏の写真を載せたポスターも掲げなくなりました。

「高価なステーキ」動画で批判

――マドゥロ氏の妻も大物のようですね。

 シリア・フローレス氏といい、彼女自身もチャベス派の有力政治家の一人で、マドゥロ氏の政治運営に裏で大きな影響を与えているとも言われています。彼女は、1992年にチャベス氏がクーデター未遂を起こして投獄されていた時に、彼の弁護士を務めていました。マドゥロ氏とフローレス氏はその時から知り合いだったのですが、チャベス氏をマドゥロ氏に紹介したのはフローレス氏と言われています。

 チャベス政権下で国会議員だったフローレス氏は、マドゥロ氏の後任の国会議長に就任したこともあります。彼女は自身のおいやめいなど数多くの親族を政府の要職に就けており、縁故主義が批判されています。汚職や不正蓄財の指摘も絶えません。彼女のおい2人はアメリカで、麻薬取引絡みで収監され、「麻薬のおいっ子たち(ナルコ・ソブリーノス)」と呼ばれています。

――マドゥロ氏自身は、お金に汚いのでしょうか?

 チャベス氏と同様に、マドゥロ氏は権力欲こそ強いものの金銭欲はさほどでもないと思います。とはいえ、二人とも親族は非常に強欲で、不正蓄財や贅沢な暮らしぶりがしばしば批判の的になります。昨年、国民が経済危機で食料不足や価格高騰に苦しむなか、マドゥロ氏夫妻が外国で高価なステーキを食べる動画が広がりました。この時の国民の不満は大きかったです。フローレス氏を含む他の女性政治家たちも、国民が苦しんでいるなか、社会主義を主張しながらも高価な宝石やブランド品に身を包む姿がしばしば批判されています。

「情熱的なカリスマ」グアイド氏

――一方のグアイド氏については…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら