[PR]

 10月での退団を発表した、宝塚歌劇団星組のトップスター紅(くれない)ゆずるが6日、大阪市内のホテルで、泣き笑いの退団会見を開いた。2年前のトップお披露目公演の終了後から大劇場5作品目での退団を決意していたという。「宝塚では退団する時に鐘がなると言いますが、私は宝塚が大好きすぎて、一生鳴らないんじゃないかと思った。なので、最初から決めていました」と語った。

 誰よりも宝塚が好き。会見ではその思いから、たびたび涙があふれた。「退団して、もう一度入団できるなら入団したいぐらい。それぐらい大好きな場所です」。後輩たちへ伝えたいことを問われると、「宝塚は狭き門。限られた人数しか入ることができない世界ですから、宝塚に入れなかった方の分の思いを背負って、舞台に立ってるんだよっていうことを伝えていきたいと思います」。

 涙を流しては手でぬぐい、「す…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら