[PR]

 Jリーグ入りを目指すサッカーJFLのテゲバジャーロ宮崎は、その前提となる「Jリーグ百年構想クラブ」の認定に向け、6日、Jリーグ側の最終ヒアリングを受けた。百年構想クラブ認定の可否は19日のJリーグ理事会で決まる。

 百年構想クラブになるには、ホームタウンやJリーグ基準ホームスタジアムの整備など一定の条件がある。「2020年のJ3参入」を目標とするテゲバジャーロにとっては、今季の認定は必須要件だ。

 この日はチームのほか、ホームタウン向けのヒアリングも宮崎市役所であり、Jリーグから木村正明専務理事らが出席。宮崎市の戸敷正市長、新富町の小嶋崇嗣町長、県サッカー協会の橋田和実会長が対応した。

 木村専務理事は冒頭のあいさつ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら