極右に対抗「左派ポピュリズム」広がる 政治家に存在感

有料会員記事

[PR]

政治学者の山本圭・立命館大准教授(寄稿)

 英国のブレグジット(欧州連合離脱)やフランス黄色いベスト運動、そして5月には欧州議会選挙を控え、話題に事欠かない欧州政治。キーワードになるのはまたしても「ポピュリズム」だ。だが、こんかい話題にしてみたいのは、排外主義的な性格の強い、いわゆる〈極右ポピュリズム〉ではない。たとえば、社会正義と平等を訴える、そんなポピュリズムがあるとしたらどうだろうか? それが〈左派ポピュリズム〉である。

 もとよりポピュリズムに対しては、「大衆迎合主義」と(誤って)翻訳されることが多いせいか、本邦ではことのほかネガティブな印象が強い。これが喚起するイメージといえば、デマゴーグによる人気取り政策、あることないこと放言する民主主義の腐敗、おおかたそんなところだろう。

 とはいえ、元来ポピュリズム…

この記事は有料会員記事です。残り1312文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら