[PR]

 カカオ豆の加工から板チョコに仕上げるまで一貫生産。そんな「ビーントゥバー」のチョコレート店が、原材料となる砂糖の産地、沖縄県で人気を集めている。黒糖やシークワーサーなどの地元素材を使っており、カカオ豆の栽培から取り組む業者もある。

 沖縄本島中部の北谷(ちゃたん)町にある商業施設、アメリカンビレッジ内に、チョコの専門店「タイムレスチョコレート」があり、カカオの香ばしいにおいが漂う。

 チョコの工房が併設されていて、豆を粉に砕くところからチョコの成形までを見学できる。外国人客の姿も目立つ。

 2014年の開店以来、輸入カカオ以外に使う原料は、沖縄産黒糖を中心とする国産の砂糖のみ。島ごとに味わいが違うサトウキビの魅力にひかれたという。香料は一切使わない。心を癒やすチョコレートをめざす。

 今年に入り、東京の伊勢丹新宿…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら