[PR]

 白装束の男衆がたいまつを手に急な石段を駆け下りる「お燈(とう)まつり」が6日夜、和歌山県新宮市にある熊野速玉大社の元宮・神倉神社であった。地元の新宮節に「山は火の滝、下り竜」と歌われる勇壮さで知られる火祭りで、国の重要無形民俗文化財。自然をおそれ敬う原始信仰の形を色濃く残している。

 腰に荒縄を巻いた約1700人の男たちは夕方、538段の石段を上り、山腹にあるご神体の巨岩「ゴトビキ岩」の周囲へ。そこでそれぞれのたいまつに火を移し、午後8時に山門が開くと同時に勢いよく山を駆け下った。(東孝司)