[PR]

 回転ずし大手のくらコーポレーションは6日、運営する「無添くら寿司守口店」(大阪府守口市)の男性アルバイト2人が、店内で不適切な動画を撮影し、インターネット上に投稿したとして、「大変不快で不安な思いをさせてしまい、深くおわび申し上げます」とのコメントをホームページ上に出した。

 同社によると、アルバイトの1人がゴミ箱に捨てた食材の魚をまな板に戻して調理しようとする動画を、もう1人が撮影。投稿後3時間程度で削除したという。4日に顧客からの問い合わせで把握した。2人に聞き取りをしたところ、撮影された魚は廃棄し、客に提供していないと話したという。

 ほかの外食チェーン店で不適切な動画をめぐる問題が起きていたことから、くらは調理場にスマートフォンを持ち込まないことをマニュアルに明記していたという。コメントでは「力およばず起きてしまい、本当に申し訳ございません」としている。従業員教育を徹底し、再発防止に努めるという。