[PR]

 JR東海は6日、東海道線の袋井―磐田間に建設を進めている新駅の名称を、「御厨」(みくりや)にすると発表した。新駅所在地の磐田市鎌田一帯が平安時代、伊勢神宮に神饌(しんせん)(神に供える作物など)を供給していたため、神饌を作る土地を表す御厨と呼ばれていることにちなんだ。2020年春に開業予定。

 新駅は袋井駅から西に4・6キロ、磐田駅から東に3・2キロの地点。ヤマハ発動機などの企業や、サッカーJ1ジュビロ磐田の拠点であるヤマハスタジアムなどが近くにある。

 駅舎は橋上式で、ホームは2面2線。駅の南北をつなぐ自由通路があり、駅舎に2基、自由通路に3基のエレベーターを設ける。総事業費は49億円で、請願駅のため、磐田市が一部国や県の補助を受けて費用を負担している。(大島具視)