[PR]

 父親から暴力を受け、死を迎えることになる千葉県野田市内の自宅に、小学4年の栗原心愛(みあ)さん(10)はいつ戻ったのか。虐待を疑いながら、県柏児童相談所は、その日時を把握せず、心愛さんを両親の自宅に戻すことを決めた経緯もあいまいだ。父親の求めに応じ、児相がなし崩しで帰宅を追認した様子が関係者への取材で浮かび上がった。

 昨年3月10日、土曜授業の日。突然、父親の栗原勇一郎容疑者(41)=傷害容疑で逮捕=が心愛さんが通う市立二ツ塚小に迎えに現れた。

 「びっくりした」という学校側。心愛さんを自宅に帰すという判断を柏児相から聞いておらず、心愛さんは親族宅で暮らしていると思っていたからだ。前年暮れ、心愛さんの一時保護を解除した際、心愛さんが栗原容疑者の親族宅で暮らすことが条件となっていたことは知っていた。

 心愛さんの見守りに注意を払っ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら