国有地取引の交渉を振り返り、果たして「反省の弁」はあるだろうか――。

 問題発覚直後からの取材班のメンバーとして、森友学園前理事長の籠池泰典被告(66)へのインタビューで聞いてみたかったのは、この点だった。

 一連の取引では、特に賃料の値引きのため、複数の政治家に近畿財務局への働きかけを依頼したことが分かっている。近畿財務局の交渉記録にも籠池前理事長夫妻について「罵倒の言葉が続き」などの記載があり、それを裏付けるような音声データもある。

 インタビュー終盤。政治家の働きかけを「戦艦大和の巨砲」、自身の交渉ぶりを「本音勝負」などと表現し、値引きをどう実現させたか説明する籠池前理事長に尋ねた。

 「今振り返って、やり過ぎたとは思いませんか」

 「いや、当たり前のこと。例え…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら