[PR]

 世界的に有名な路上アーティスト、バンクシーの作品に似たネズミの落書きが、兵庫県西宮市内で見つかり、話題を呼んでいる。東京都港区の防潮扉に描かれていたものにも似ているが、左右が反転し、色も違う。果たして……。

 現場は「福男選び」の神事で知られる西宮神社近くの阪神電鉄高架下。市道脇の歩道の縁石に、傘とスーツケースを持ち、空を見上げるようなネズミの落書きがある。十数センチ四方でピンク色。タイヤの痕など汚れが目立つ。

 西宮市には1月25日、「バンクシーのような絵がある」と市民からメールが届いた。これまで道路補修課の担当者も気づいておらず、描かれた時期はわからないという。

 米グーグル社が提供する「グーグルマップ」のストリートビューでは、2014年3月時点の画像で確認できる。だが、10年3月の画像には見当たらず、この間に描かれた可能性が高そうだ。

 バンクシーは戦争や難民などを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら