[PR]

 静岡県沼津市で親戚の男から生後6カ月の男児が暴行を加えられ、死亡したとされる事件で、男児の頭蓋(ずがい)内の損傷が激しいことが捜査関係者への取材で分かった。県警は、男児が頭を強く揺さぶられたことで脳が損傷を受け、「乳幼児揺さぶられ症候群」で死亡した可能性が高いとみて調べている。

 沼津署は6日、同県伊豆の国市三福、塗装工椎野広大(こうだい)容疑者(28)を殺人容疑で逮捕した。逮捕容疑は、2017年4月30日、親戚の加藤奏斗(かなと)ちゃんの自宅=沼津市大岡=で、奏斗ちゃんの頭部に暴行を加え、殺害したというもの。捜査関係者によると、椎野容疑者は容疑を否認しているという。椎野容疑者は当時、奏斗ちゃんの両親に頼まれて子守をしていたという。