[PR]

 2月1日、アラブ首長国連邦(UAE)で行われたサッカーアジア杯の決勝戦で、日本代表はアジア王者の座をかけてカタール代表と戦った。結果は1―3と敗れ、その座を逃したが、新戦力の台頭や、海外メディアからも称賛された日本代表のピッチ外での姿勢など、これからの日本サッカーに期待が高まる大会となった。

 その2日後、ジェフユナイテッド市原・千葉のトレーニングキャンプが終了し、キャンプ地の沖縄県南城市から、チーム一同、ホームの千葉へ戻ってきた。1月15日から始まったキャンプは、例年よりもチームワークが強化され、特に後半にかけて選手・監督・コーチ・スタッフが良い雰囲気で過ごしていたのが印象的だった。

 前回の当コラムでも取り上げた通り、昨シーズン最大の課題であった「組織力の強化」に向けて、今年のキャンプではチームワークの構築に主軸を置いた。例年行う基礎トレーニングやピッチでの実践的な練習に加え、専門家を迎えてのメンタルトレーニングを実施した。

 また、キャンプ中のトレーニン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも