[PR]

 県内の伝統公立高6校の応援団が日頃の成果を披露しあう「日輪の下に」が11日に県立不動岡高校で開かれる。今年で44回目を迎える伝統行事で、幹事校にあたる不動岡高校応援部は他校に負けまいと練習に励んでいる。

 不動岡高校は1886(明治19)年に私立埼玉英和学校として創立された県内最古の伝統校。加須市で動物病院を営んでいる中村滋さん(71)ら有志19人によって1965年に応援部が立ち上げられた。

 「日輪の下に」は、77年に旧制中学の流れをくむ春日部、浦和、熊谷、川越4校による応援団連盟が発足、応援演技披露の場として東京六大学応援団の「六旗の下に」にならって開かれた。79年には不動岡も連盟に加盟、さらに松山高校も加わり、伝統行事に育ってきた。

 この催しは、各校の伝統にのっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら