[PR]

 不倫騒動が持ち上がった中国の大物俳優が、収録済みの春節(旧正月)のテレビ特番からそっくり削除されて放送され、話題になっている。司会を務めていたため、演目の紹介がほとんどない異例の番組に。だが、かえって注目度が高まり、視聴率が上がる皮肉な事態になった。

 削除されたのは、中年イケメン俳優として知られる呉秀波さん(50)。春節前に不倫を巡る騒動がメディアで取り上げられたが、司会を務めた北京のテレビ局の特番は収録が済んでいた。5日夜の放送では、呉さんが演目を紹介する場面が全てカットされ、司会が壇上に並ぶ場面では映像が加工され、姿が消された。

 放送中から、呉さんが消された後の映像の不自然さを探す人が続出。画面の左右に同一人物が写った場面もネット上に投稿された。中国メディアによると、この日の春節特番の中で最高の視聴率だったという。

 中国では、建国を宣言する毛沢東の姿を描いた「開国大典」という絵でも、登場する人物が失脚や名誉回復で消されたり、元に戻されたりした。ネット上では映像加工技術の高さを称賛する声の一方で、「犯罪者でもないのに消す必要があるのか。あの絵と一緒で、やっていることが幼稚だ」といった指摘も出た。(北京=延与光貞)