[PR]

 産科医不足が全国的な問題となる中、通常分娩(ぶんべん)を助産師のみが担う実践で、長野県諏訪市の諏訪赤十字病院が全国屈指の成果を上げている。産科医がハイリスクの出産に専念でき、助産師も力を発揮できる一石二鳥の試み。助産師のリーダーの1人は「助産師だけで出産を担う率でいえば、おそらく日本一」と胸を張る。

 同院の産科は、医師と助産師が一緒に担当する出産と、助産師だけで担う出産の2本立て。前者は合併症などで医療行為が必要な妊婦、後者はそれ以外の妊婦を対象としている。

 これ自体は他の病院でもあるが、諏訪赤十字病院の特徴は、最後まで助産師のみで担当するケースが多いこと。昨年1年間のデータを見ると、出産した女性391人中、助産師のみでの出産が可能と判断されたのは274人(70%)。うち158人(40%)が、実際に助産師だけで出産した。同院が調べた限りでは、これほど助産師だけで出産を担っている病院は、国内ではほかに見られない。

 2本立て方式がスタートしたのは2012年7月だった。

 きっかけは、助産師側からの要…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら