[PR]

 豚(とん)コレラの感染拡大を受け、左京区の京都市動物園では柵越しになでられる「ふれあいコーナー」にいたミニブタ2頭を寝室に移動させ、来園者が接触できないようにしている。

 2頭は12歳の姉妹のアッキーとナッキー。愛らしい顔で子どもたちの人気者だが、岐阜市で昨年9月に感染が確認されて以降、中止と再開を繰り返してきた。先月27日に再開したが、2日後に岐阜県各務原市で感染が確認されたため、同30日から再び中止した。

 台湾から出身地の京都に戻り、訪れていた大学教授の杉山輝樹(てるき)さん(50)は「こんな所にも影響があるとは」と驚いていた。(中山直樹)