[PR]

 ホンダは7日、バイクのハンドルグリップの取り付けの不備で部品の一部が外れる恐れがあるとして、スーパーカブ110MDなど6車種3万9366台(2017年8月~18年12月製造)の改善対策を国土交通省に届け出た。

 日野自動車も同日、トラックのエンジンオイルがエンジン内部で必要以上に漏れて燃焼し、エンジンが破損する恐れがあるとして、日野プロフィア1万555台(17年6月~18年8月製造)のリコール(回収・無償修理)を国交省に届け出た。