写真・図版

[PR]

 虐待を受けた疑いがあるとして、全国の警察が児童相談所(児相)に通告した18歳未満の子どもは昨年1年間で8万104人だった。前年より22・4%増え、過去最多を更新した。統計がある2004年から14年連続で増え、摘発も最多の1355件。配偶者などパートナーに対する暴力(DV)被害も15年続けて増え、01年の配偶者暴力防止法施行以降で最多を更新した。警察庁が7日発表した。

 警察庁は虐待の通告が増えた理由を「児童虐待への国民の意識が高まり、相談や情報が数多く寄せられ、警察への通報も増えた」としている。

 虐待の内容をみると、最も多かったのが言葉による脅しや無視など子どもの心を傷つける「心理的虐待」で、全体の約7割を占める5万7326人(前年比1万887人増)。「身体的虐待」は1万4821人(2478人増)で、「育児放棄(ネグレクト)」は7699人(1301人増)、「性的虐待」は258人(7人増)だった。

 心理的虐待は、例えば大声を出…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら