[PR]

 その報告書が日体大陸上部長に出されたのは2015年5月だった。駅伝ブロックの渡辺正昭・前監督が朝練習に遅れてきた部員に対し、「腹を殴った」という内容で、コーチ2人の連名だった。

 前監督は愛知・豊川工高陸上部の監督だった13年、部員に体罰を繰り返していたとして、愛知県教育委員会から停職4カ月の懲戒処分を受けた。東京・日体荏原高を経て、母校日体大の監督に就任して直後のことだった。

 当時、現場にいた大学関係者が、選手がうめき声を上げなかったことから「腹を押した」という見解を示すなど、大学側は「総合的に暴力ではない」と判断した。大学関係者によると、15年7月、コーチらを呼んで開かれた会議では、松浪健四郎理事長が「新監督をもり立てろ」と訓示。この場で松浪理事長はコーチ2人に前監督と一緒にできるかをただし、「できない」と答えた1人には、系列高への転属を命じた。

 前監督は結局、昨年9月に別の部員への暴力行為やパワハラで解任された。

 スポーツ指導における暴力行為…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら