[PR]

キャンパス探訪

 徳島大学には四国の国立大で唯一の薬学部がある。その中の「創製薬科学科」は、全国でも珍しい薬の開発研究を専門とした学科だ。日進月歩の世界をリードする人材を育てるため、3年生になってからの学科選択制をやめ、昨春から薬剤師養成の薬学科とは別に募集を始めた。

 蔵本キャンパス(徳島市蔵本町)研究棟の暗室。白衣姿の1年生が、薬剤調合の実験をしていた。透明な液体の入った4本の試験管をブラックライトにかざすと、それぞれが青から緑色に発光、グラデーションができた。山出莉奈さん(19)は、「きれい」と同級生と顔を見合わせた。

 液体は、同学科の難波康祐教授…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら