[PR]

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件を受け、政府は虐待を受けている可能性がある子どもについて全国一斉に緊急的な安全確認を行うことを決めた。全国の児童相談所(児相)の体制強化に向け、来年度中に児童福祉司を1070人増やす。児童虐待防止の関係閣僚会議を8日午前に開き、発表する。

 関係閣僚会議では、昨年7月にまとめた緊急総合対策の徹底を確認。そのうえで、虐待相談があった家庭の子どもや、一時保護されたことがある子どもについて、児相などによる緊急の安全確認を行い、必要があれば躊躇(ちゅうちょ)なく一時保護をすること、さらに、一時保護の解除は慎重に判断することを、強く求める。

 また、児相の体制強化も打ち出す。政府は昨年12月、全国の児相に勤務する児童福祉司について2019年度から22年度までの4年間で2020人増やす計画をまとめたが、このうちの1070人を19年度中に増やす。

 児相や学校、警察など関係機関…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら