[PR]

 三重県伊賀市内を走る上野コミュニティバス「しらさぎ」のうち、4月に更新される1台の新たなデザインが決まった。デザインは多数の忍者が描かれており、観光客らの目を引きつけて「インスタ映え」を狙ったSNSなどで話題になることが期待されている。

 市によると、しらさぎは2003年度から運行しているが、年間の利用者は2万5千人ほどと低迷。「客でなく空気を運んでいる」などと皮肉られることもある。2台あるうち1台を更新するのに合わせ、市が「忍者市」を印象づける車体のラッピングデザインを募集していた。

 25点の応募作品が集まり、1月にファッションジャーナリストらによる選考審査会を実施。京都市のイラストレーター・おおえさきさんの作品が最優秀賞に選ばれ、採用が決まった。

 デザインは、忍者の顔がぎっし…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら