[PR]

 滋賀県彦根市の彦根署河瀬駅前交番で昨年4月、上司の井本光(あきら)巡査部長(当時41)=警部に2階級特進=を拳銃で撃って殺害したとして、殺人と銃刀法違反の罪に問われた部下の元巡査(20)=当時19歳、懲戒免職=に対する裁判員裁判の判決が8日、大津地裁であった。伊藤寛樹裁判長は懲役22年(求刑懲役25年)を言い渡した。

 起訴状によると、元巡査は昨年4月11日午後7時47分ごろ、交番内で井本さんの後頭部と背中を拳銃で2発撃って殺害。同日午後8時半ごろまでの間、実弾3発が入った拳銃を持ったまま逃走したとされる。

 元巡査は起訴内容を認めており、公判では元巡査の責任能力の程度が最大の争点になった。

 検察側は、元巡査が井本さんの指導に鬱憤(うっぷん)や怒りをため、事件当日に受けた叱責(しっせき)で感情が爆発して殺害を決意したと主張。頭や背中に的確に拳銃を2発発射し、事件発覚を遅らせるため交番を施錠して逃走するなど行為の違法性を認識しており、完全責任能力があったと訴えた。

 弁護側は、元巡査が井本さんの指導で体と心に大きなストレスを抱えていたと主張。行動を制御する能力が著しく低下した心神耗弱状態で、突発的な犯行だったとして減刑を求めた。(石川友恵)