[PR]

 結婚相談所の市場が広がっている。20代の利用の伸びが好調を下支えしている。インターネットで結婚相手を見つける「婚活アプリ」が広まって若い世代にも婚活が身近になり、「結婚するなら早いうちに」「合理的に活動したいから」と大手結婚相談所に入会する20代が増えているという。

 木目調の家具にしゃれた照明。結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」は、カフェのような一室で結婚の相談を受けられる。結婚情報誌「ゼクシィ」を発行するリクルートマーケティングパートナーズが全国26店舗を運営し、会員数は8700人。2015年のサービス開始時に2割だった20代の会員比率は、昨年は4分の1に。20代の会員が年々増えているという。

 増える若い会員の相談に友達感覚で乗れるよう、マッチングコーディネーターも20、30代を多くしている。コーディネーターの斎藤麻里子さん(30)は「最近の特徴として、特に男性で若い人の入会が増えている」と話す。「理想の相手と効率的に結婚したいので合理的に活動したい」との入会理由が目立つという。

 「安定志向」とされるいまどき…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら