[PR]

 2月9日の「ふくの日」にちなんで地元の特産品や食文化に理解を深めてもらおうと、山口県下関市内の小中学校や幼稚園で8日、フグ鍋が給食で出された。

 1994年度から市教育委員会が続けている特別メニュー。市立向井小学校(井上光晴校長、243人)では、前田晋太郎市長らが児童と一緒に味わった。前田市長は、豊臣秀吉が出した「フグ食禁止令」を初代内閣総理大臣の伊藤博文が解禁した歴史を紹介。「ふくといえば下関、下関といえばふくと全国的に有名。楽しくおいしく味わってほしい」と話しかけた。

 6年1組の藤田七海(ななみ)さん(12)は「家ではあまりフグを食べないので、特別な給食が食べられてうれしい。食感がやわらかくておいしかった」と話していた。(白石昌幸)