[PR]

【まとめて読む】患者を生きる・食べる「1型糖尿病」

 激しいのどの渇きとだるさが続いた、仙台市の料理研究家・相田幸二(あいたこうじ)さん(43)は、受診先から「危険な状態です。今すぐ大きな病院に行ってください」と告げられました。1型糖尿病でした。インスリンを補い、食事を変えたり血糖コントロールを学んだり。試行錯誤が続いています。

検査したら「危険な状態」

 「血液検査の結果、危険な状態です。至急お電話ください」。昨年の正月明け、仙台市の料理研究家・相田幸二さん(43)は、新幹線の車中で留守番電話に残されていたメッセージを聞いた。東京都内のクリニックに電話すると、スタッフが「すぐ大きな病院に行ってください」と告げた。わけが分からなかった。

 2017年12月はじめごろから体調がすぐれなかった。「風邪かな」と軽く考えていたが、年末になると、倦怠(けんたい)感とのどの渇きが激しくなってきた。体重も3キロ減った。年末年始は家族と都内で過ごしたが、ぐったりしていて、東京駅のそばのクリニックで尿検査と血液検査を受けていた。

 仙台のかかりつけの医師に相談すると、仙台駅に着いたらすぐにタクシーで東北大病院に向かうことになった。糖尿病代謝科の医師・児玉慎二郎(こだましんじろう)さん(39)から「詳しく検査しますが、1型糖尿病が疑われます」と告げられた。

 1型糖尿病は、異物から体を守る免疫が何らかのきっかけで自分の膵臓(すいぞう)の細胞を壊してしまう病気だ。糖を吸収するのに必要なインスリンが出なくなり、血液の中の糖が高くなる。原因は分かっておらず予防もできない。

 体は脂肪を分解した時の副産物「ケトン体」が増えた「ケトーシス」という状態だった。インスリンが不足し糖が使えないとエネルギーとして脂肪を使うからだ。悪化して血液が酸性になる「ケトアシドーシス」という状態になると意識障害を起こすこともある。その一歩手前だった。

 小さな頃から料理が好きだった…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら