[PR]

 厚生労働省の統計不正問題のキーパーソンとされる大西康之・前政策統括官が8日の衆院予算委員会に出席し、問題報告過程の一端が明らかになった。厚労省の危機感のなさが改めて浮き彫りになる一方、なぜ不正が長く放置されたのかなど未解明の点も多く残る。

 「大西さん、何月何日の何時、誰にどう説明したのか教えてください」。立憲民主党の川内博史氏に問われた大西氏は、「毎月勤労統計」の不正調査が発覚した昨年12月に、同省の統計部門を束ねる政策統括官(局長級)だった人物だ。

 大西氏は不正について「昨年12月13日に初めて知った」と述べた。部下を通じて上司へ報告したのは5日後の18日、自ら事務方トップの事務次官らに報告したのは19日だったと説明した。根本匠厚労相が不正の報告を受けたのは20日で、大西氏が不正を知ってから1週間も経過していた。

 ただ野党は、大西氏の報告が遅…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら