[PR]

 宮崎県日南市で行われているプロ野球西武のキャンプ地に8日、広島の長野久義外野手(34)がサプライズで訪れ、ともに巨人から移籍した内海哲也投手(36)との再会を果たした。FA移籍した選手の「人的補償」で巨人を離れた2人が、がっちりと握手を交わした。

 「ボールじゃない?」「(球が)高い、高い」。ブルペンで投げ込む内海に、長野がネット越しに声をかけた。「ジャイアンツ時代からいつも茶々を入れてくる」と内海は時折、苦笑いしながらも「燃えました」。変化球を交え、103球を投げ込んだ。

 同じ日南市でキャンプを張る広島はこの日は休日。だが、内海は長野が来ることを知らされておらず、「サプライズです。びっくりしました」。内海の青いユニホームを見た長野は「めっちゃ似合いますね。(背番号)27は見なれないけど」。ただ、投球について聞かれると、「打てそうだなと思いました」とにんまり。「球団の配慮で内海さんと会うことができました」と周囲への気配りも忘れず、「この2人のツーショットはレアですよ」と報道陣の笑いを誘った。(照屋健)