大西前統括官、不正調査を昨年12月に次官に報告

有料記事

【動画】問題の広がりに歯止めがかからない「毎月勤労統計」の不正調査を動画で解説=グラフィック・山市彩
[PR]

大西氏、昨年12月19日に次官らに報告

 厚生労働省の大西康之・前政策統括官が8日の衆院予算委員会に参考人として出席した。同省の「毎月勤労統計」の不正調査について、大西氏は昨年12月18日に担当部局の参事官が、厚労審議官、官房長、総括審議官に報告。19日には大西氏が事務次官、厚労審議官、官房長に報告したことを明らかにした。

 立憲民主党の川内博史氏の質問に答えた。大西氏は同省の「賃金構造基本統計」の不正調査の報告漏れを理由に更迭され、1日付で大臣官房付。同氏の参考人招致については、7日に与野党が合意していた。

大西氏、知ったのは「12月13日だった」

 厚生労働省の大西康之・前政…

この記事は有料記事です。残り1084文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!