[PR]

 米電気自動車(EV)大手のテスラ社が、収益拡大の柱と位置づける「3万5千ドル(384万円)」の車の投入を実現できないでいる。大衆向けの「モデル3」を2017年に発売して以来の目標だが、遅れ続けてきた。「今年半ば」に約束通り投入できるのかが焦点だ。

 「3万5千ドルの車を待っています。いつの日か」

 消費者からのツイートに、テス…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら